EXBeaconとは

弊社 のEXBeacon は、メッシュネットワーク機能を搭載した次世代ビーコンです。独立して電波を発信していた従来型ビーコンと違い、相互通信を行う機能を持つものです。廉価な端末同士がネットワークを形成する。これにより端末管理が容易になるだけでなく、センサーネットワークをはじめネットワークの利用用途も飛躍的に広がりました。これがIoTの基盤技術と目される所以です。

118

屋内用

通信仕様

通信プロトコル

下位層はBLE(Bluetooth Low Energy/Bluetooth 4.0以降)に準拠、アドバタイジングメントパケットを送信するペリフェラルであり、2.4GHz帯の3つのチャンネル(37ch、38ch、39ch)を利用して通信を行います。

その上層ではCSRmesh規格(Qualcomm社)を利用します。CSRmeshはフラッド型メッシュであり、柔軟なトポロジーを形成するとともに、メッシュ通信制御を行います。

上位層では、EXBeacon独自プロトコルで動作します。この独自プロトコルはいくつかの実証実験を経て確立したモデルであり、特許申請中の測位プロトコルなどを含みます。4つの通信モード(後述)が存在し、各ソリューションに合わせた通信モードで動作します。

 

119

 

通信モード

EXBeaconは4つの通信モードを標準で備えており、ソリューションごとの利用に合わせてそれぞれのモードを組み合わせることができます。メッシュ通信モードの通信方式はフラッドメッシュを採用しています。

ちなみに、従来型ビーコンは「ビーコン通信モード」のみを持つ端末です。

120

 

製品仕様

商品名

EXBeacon
Bluetooth Smartを利用したメッシュ型ビーコンデバイス

 

商品イメージ

124

屋外用

諸元情報

126

機能とデザイン

EXBeaconは、従来型ビーコンが持つアドバタイジング機能に加え、ビーコン間の相互通信を行うメッシュ通信機能を同時に備えています。さらに、以下のようなIoTソリューションに最適化された様々な機能を持ちます。

・時刻同期機能
・メッシュ自動復帰機能
・受信機能
・追加拡張ユニットの連携機能
・外部機器(BLE)連携機能
・メッシュネットワーク情報取得機能
・メッシュネットワーク設定変更機能
・フィルタリング機能
・移動体ビーコン測位機能 /他

 

モジュール/スタック機構

屋内用EXBeaconはベースユニット部に各追加拡張ユニットをスタック(結合装着)することが可能です。用途や状況に応じてモジュールを自由に組み合わせることができます。

121

 

参考)BLE ビーコンとは

BLE(Bluetooth Low Energy) ビーコンとは、Bluetooth Smart(BLE規格に対応する機器)の一つで、それぞれのビーコンを識別するIDや、電波強度を示す識別子などを発信する端子です。
BLEビーコンの一つ iBeaconは、2013年に米Apple社がモバイル機器向けOS「iOS7」にも搭載した新機能・新商品として知られています。省電力型の2.4Ghz近距離通信を使用し、ボタン型電池で1年程度、持続的に駆動するので、メンテナンスがほとんど不要です。
弊社のEXBeaconは、BLEビーコンの一種です。