ソリューションの基本

ビーコンは僅か数千円足らず、電波を一方的に発信する単純な端末です。これがGPSと並ぶ「屋内測位」の道具として見直されるようになり、そして現在、IoT(Internet of Things)の基盤技術として注目を集めています。

弊社EXBeaconは、メッシュネットワーク機能を搭載した次世代ビーコンです。これは、電波を一方的に発信していた従来型と違い、ビーコンが相互通信を行う画期的なものです。廉価なビーコン端末同士がネットワークを形成。ビーコンの管理運用や遠隔制御が容易になるだけでなく、形成されるネットワークがモノ同士の交信に応用されることで、用途が飛躍的に広がりました。これがIoTの基盤技術と目される所以です。

ビーコン利用はスタートしたばかり。さまざまな現場での応用はこれからです。ぜひ、皆さまが抱える課題を、EXBeaconでご一緒に解決できればと考えています。

三つの基本活用方法

1.利用者のスマホで受信

利用者がビーコンに近づくと、スマートフォンアプリが信号を受信、専用サーバに問合せます。そこでビーコンに紐づいた情報(例えば、位置情報や商品情報)を取得、アプリに表示します。

図4

2.環境情報を取得

センサとビーコンを組合せ、温度湿度や混雑状況など環境情報を、ネットワーク全体で共有、管理します。

111

 

3.移動体検知システム

3-1) 利用者がビーコンで発信

利用者のヘルメットや入館証などに付与されたビーコンから信号を発信し、利用者の位置やプロフィールを取得します。

003

3-2) 利用者をメッシュの一部に

利用者が持つビーコンをビーコンメッシュネットワークの一部に取り込み、利用者のより正確な位置や動線を把握します。

112