3つの通信機能が実現するメッシュネットワーク

Bluetooth mesh

EXBeaconは、Bluetooth meshの規格で (Qualcomm社製 CSR meshを使用) フラッド型メッシュネットワークを形成、 ~100kbps、~100mが守備範囲です。 大量の機械間コミュニケーションを担う 新たな通信規格として、人やモノが高密 に集積する建屋や地下街などをカバーし IoT通信網の基本ユニットを形成します。

IoT通信規格の比較

EXBeaconの独自通信プロトコル

Bluetooth LE上のフラッド型 メッシュネットワーク規格 (Qualcomm社)を利用、新しい 測位プロトコル(特許申請中)を 含む独自プロトコルで様々な ソリューションを実現します。

“フラッド(flood)型”メッシュとは

EXBeaconは「フラッド型メッシュネットワーク」を採用して Bluetooth LE上で安定した大規模ネットワークを構築します。 予めデータ経路を決めるのではなく、洪水(flood)の如く メッセージを伝送し、簡単に数千ものノードへ拡張が可能です。 電波が途切れる状況でも、複雑な経路再計算をせず他ノードを 経由した冗長性を確保。管理が容易、設置の自由度が特徴です。

EXBeaconとフラッド型メッシュ

これを実現するにはネットワーク全体の伝送を制御する斬新な デザインが必要です。パケットのホップ数制御、リレー制御、 RSSI値での受信制御、圧縮によるパケット量削減、パラメー タ最適化技術などを採用することで、EXBeaconはフラッド型 メッシュネットワーク上で様々なソリューションを実現します。